北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

最後はこれ!後ろが変だよ・・・って突っ込んでるヒマは無い。いいチンチンである。子供のはしっかりしているのになぜか背後の父親のブツは曖昧もっこり型である。その両親から見ると我が子はこんな風に見える。お尻もキュートである。親を見習わず、普通に成長してほしいも
『裸体像Tシャツ計画 「家族」 川口西公園』の画像

曲者物件である。半分服を着ている。こういう状態は初めてである。私としては、全裸にTシャツを着せることによって、上は着てるけどなぜかノーパンという状態を演出したいのであるが、ここでは無理である。彼女単体で起立していたのであれば私はこの案件はパスしたかもしれな
『裸体像Tシャツ計画 「纏う女」 川口西公園』の画像

2人目はこの娘。いやはや見事なプロポーションである。腕がなるなあ~。ムムム・・悪くは無いのだが今にして思えばウエストのだぶつきが気になる。もう少し絞ればよかったか。それと着せてから発覚したことだが、この娘は乳首が不明瞭である。着衣前はちゃんとあると思ったん
『裸体像Tシャツ計画 「風の交差点」 川口西公園』の画像

夜明け前に到着。なぜそんな早いかって?なぜなら、10時から川口市民ギャラリーでワークショップの仕事が入っている。その前に4体を着衣させなければならない。ハードな一日になりそうである。まずは一人目。いやはや何とも・・佐藤大先生作にしては肉感的である。じっくり
『裸体像Tシャツ計画 「裸のリン」川口西公園』の画像

映画「キューポラのある町」で有名な川口・・・って古い?かつて鋳造の街として栄えた川口には、やはりブロンズ像が多い。というわけで川口駅前にある川口西公園には裸体像がいっぱい生息している。紹介しよう。まずは「裸のリン」。  何とも良い肉付き。次は「風の交差点
『裸体像Tシャツ計画 川口西前公園』の画像

昨年に引き続きクリスマスドームを制作した。会場は神奈川県戸塚市駅前のショッピングモール「サクラス」。今回の新しいところはツリーの幹が空洞になっていて下部から送風機で空気を吹き上げドームを成形し、なおかつ葉?雪?を挿入することによってドーム中にそれらが舞い
『サクラス・クリスマスドーム』の画像

ラストを締めくくるのはこの男!地球を持って「友愛」!只者じゃない。あんたはガリレオか!?しかもフルチンで!大物であることは間違いなさそうだ。お顔も何やら哲学者のようだ。これにて「あいちヒトリエンナーレ」着衣終了。一度に5物件。総勢10人。10人というのは今まで
『「あいちヒトリエンナーレ 友愛」』の画像

5人兄妹を無事済ませ。何とか後半に差し掛かる。いままで特殊物件が続いたためか、なんだか大人しい感じがする。というか、お顔を拝見するに裸体像としては若干年齢高めか・・・?こりゃ失礼。立派なお身体であった。 名古屋市久屋大通公園 2019年9月15日
『「あいちヒトリエンナーレ 遥か」』の画像

この銅像は三人で作ったそうだ。珍しいことである。何と5人・・・それは大変だ。Tシャツを着せる私も結構大変だった。大家族の子供たちであろうか。だんだん大きくなっているのでTシャツサイズもそれに合わせて用意した。面倒である。えっ もうひとり産まれた!勘弁してよ・
『「あいちヒトリエンナーレ 愛」』の画像

彼女らには作品タイトル板が無い。なので私が勝手に命名した。名付けて「テレビ塔姉妹」これを見たら皆さんも納得してもらえるであろう。近くに寄ってみよう。「どうぞ~!」私自身名古屋出身であるがこの塔に上った記憶はない。この姉妹に案内してもらいたいものである。 
『「あいちヒトリエンナーレ テレビ塔姉妹」』の画像

↑このページのトップヘ