着衣作業の始まり始まり~
と軽くいってみたものの今回の計画遂行は困難を極めた。
なぜならこの銅像は会社の所有物であるため一言入れておいた方がいいだろう
という判断のもと、着衣前に会社関係者の方に話をしに行った。
そこで完全に拒否されてしまったのだ。
まあ、普通そうであろう。
この辺の空気感はドキュメンタリービデオに詳しく収録されている。
常々軽々と仕事を成し遂げたいと思っている私だが、残念ながら軽さは全くない。
というわけで、申し訳ないのだが翌早朝超高速でTシャツを着衣させることにした。
幸いにもTシャツを着せやすい造形だったので助かった。
さすがダンサーは体が柔らかい!
05
はい腕を通してね
04
ぴったりフィットしてますか?
11
運動してる人にはTシャツが似合うね。

完成形は次回。