北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

2016年02月

 人魚つづきで裸体像Tシャツ計画からもう一つ。この物件は平塚駅南口ロータリー中央にひっそりとたたずんでいる。駅前という好条件にもかかわらず樹木に覆われているため多くの平塚市民にでさえ認知されていない。まさにTシャツ着衣には絶好のコンディションである。私は
『『人魚』裸体像Tシャツ計画』の画像

これは平塚市の民家の庭に設置されていた銅像である。個人所有の銅像に着衣させたのはこれ唯一かもしれない。ずっと気になっていて、ある日勇気を出してこのお宅を訪ねてみた。品の良い叔母様に対応してもらい快く快諾を得た。銅像には取り立ててタイトルは無かったのだが、
『『若奥様』裸体像Tシャツ計画』の画像

平塚市の七夕通りにある母子像である。赤ちゃんは柔らかい布で包まれているのにお母さんはなぜか丸裸。多分、お風呂嫌いな子どもの入浴が終わり、泣き止まぬ子をあやすのに一生懸命で自分のことなどかまってられないのだろう。お母さんは大変である。そんなことなどお構い無
『『愛の母子像』裸体像Tシャツ計画』の画像

 数多くの「裸体像Tシャツ計画」物件のなかでも唯一の特徴を持つ作品。それは何かというとこの裸体像が木彫であるということ。人は気づかないかもしれないが、世の中の公共空間に設置されているほとんどがブロンズ像である。こういうの普通に銅像って言うでしょ。そうブロ
『『風わたる』裸体像Tシャツ計画』の画像

これまた現在唯一の子ども物件である。神奈川県平塚市の公園に設置されている。着衣当時は確認したであろうが今となってはこの子が男だったか女の子だったか覚えがない。写真をじっと見ていてもイマイチ判別がつきかねる。髪型、顔は男っぽいが、股間は女っぽい。いづれにせ
『『ハイポーズ』裸体像Tシャツ計画』の画像

初めての男であった。これは神奈川県平塚市の青少年会館正面にある。まず男であることがいけない。その上、缶ジュースを飲んでいる様も良くない。ふんどしのようなモッコリパンツを穿いていることに至っては直視できない・・・・・するけど。「股間若衆」なる本 http://www.
『『飛翔』裸体像Tシャツ計画』の画像

 この物件は藤沢市二番構公園にあった。三人の女性が輪になって踊っている(しかもお互いを背にして)というかなり珍しい銅像である。この「裸体像Tシャツ」をゲリラ的にやっていると思っている人も多いようであるが、これは原則、許可を取りに行って実施されているのであ
『『三姉妹』裸体像Tシャツ計画』の画像

1997年10月 これは三浦市野外美術展に出品した作品である。珍しく合法的に実施した例ではあるがそれゆえおもしろい話を生んだ。市の主催であるため私が交渉するのではなく実行委員長が市長にTシャツ着衣の申請をして正式に許可を得ることが出来た。私としては、堂々
『『島の娘』裸体像Tシャツ計画』の画像

もうずいぶん前の「裸体像Tシャツ計画」である。場所は東京の北の丸公園・・・というか皇居の堀周辺の公園と言ったほうがわかりやすいかもしれない。ちょっと前、このあたりを通ったので探してみたが見つからなかった。今はもう無いかもしれない。私も若いわけだ。通常、こ
『『髪結い』裸体像Tシャツ計画』の画像

神奈川県寒川町町役場噴水中央。タイトル「水辺」である。この作品は私の作品中最も重要な作品である。私のアーティスト歴はここから始まった。・・・と大げさに書いてしまったが要するに私がブログ中、HP中で紹介するなかで一番最初の作品である。 当時私は売れないエロ
『『水辺』裸体像Tシャツ計画』の画像

↑このページのトップヘ