『P-Shock』北川純個展タイトル「プラスティックショック」とは、世間の風潮により、プラスティックが素材として否定され瀕死の状態になりつつある様を名付けました。この素材を偏愛する私としてはこの状況をふまえた上でプラスティックと人類の未来を妄想します。「プラスチ