告知しておりました千鳥ヶ淵公園の物件の報告です。
先日の日曜日小雨、皇居周辺というお土地柄もあって警察官の配備も半端ない中無事Tシャツ着衣完了となりました。
私の愛読書「股間若衆」の表紙そのままを再現することが出来感慨無量でありました。
a
b

しかし、着せてみて初めて分かる残念なことが2点ほどありました。
1つ目は、銅像の股間が本の著者木下先生による分類で“曖昧模っ糊り(あいまいもっこり)”型であったこと。‥これはいただけません。
もっとまずいのは、“乳首が無いこと”・・・たとえ男であったとしてもこれはいけません。
c

戦後まもなく制作されたこの銅像、時代背景的に明瞭なものははばかられたのかもしれません。
そういう意味でこの物件はあまり「裸体像Tシャツ計画」向きではなかったのかもしれません。少し残念でした。
動画
https://www.youtube.com/watch?v=-oGGdFfGIco&t=257s (太湯雅晴氏 作)

これに上乗せするようですが、次の日曜日(7/1)に予定されている「対談トークショー」の客入りが著しく芳しくないことが予想されています。これも残念なことです。
お時間に余裕のある方、お越しいただけたら幸いです。https://www.facebook.com/events/395406590947122/ 何分辺鄙なところ故ご迷惑をおかけします。

会場内には、画像のように「あなたも裸体像Tシャツ計画になろう!」という体験コーナーも併設しており楽しんでいただけるかと存じます。
ご安心ください。こちらはもちろんリアルに付いております。
s-d