02

1999年3月
平塚市花水川河口

今日、私は現在のプロジェクト「小田原市・風船花アーチ」の運搬のために当時この作品の展示現場である平塚市花水川河口を通った。

あの時、私は全精力を結集していた。各企業からお金を集め、各所轄から許可を取得し、各メディアに広報し、多くのボランティアの方を集め制作していた。

長い長い制作準備の後、設置日を決め、多くの人に集まってもらった。
当日この日はおそろしく寒く、小雨からいよいよ本降りになってきた。
雨の中の作品設置、出来上がったら同時にみんなでアトリエに避難した。


その夜、ますます豪雨になった。
翌日、現場に行ったら作品は微塵も無かった。大洪水とともにに流されてしまったのだ。

というわけで、私はこの作品を写真のようなベストな位置から見ていない。
カメラマン以外は誰も見ていない。

あれから、きっかり10年・・・。
当時、大泣きした日から10年たった今も空を舞台に創造活動を続けている。

まったく懲りない男である。

(2009/3/18)