02

2008年5月 六本木住宅展示場

ここは本来住宅展示場だが、近いうちに取り壊すというので
その前にここで美術展をやることになった。


私も始めて参加するグループ展で、一部屋に付き一作家が作品を展示するという方式だった。
私はD棟の2階をあてがわれ、漠然と風船でも展示するのかな~と思っていたが、この部屋を見てひらめいた!


「・・・立体ジッパーが出来る!・・・」

そうなのだ、三年ほど前、私は六本木トンネルに巨大ジッパーの壁画を描いた。
それはなかなか好評な作品であったが、そのアイデアに味をしめた私はその直後から
「今度はこれの立体バージョンを作ってみたい」という衝動にかられていた。

しかし、なかなかそんなチャンスは訪れなかった。
なぜなら、立体にする以上、ジッパーを開けたところは穴が開いて
その向こうが見えていないとリアリティーがないからだ。

世の中に、そう簡単に穴を開けさせてくれるところは無い。

それが、今回見つかったのだ。
そう、ここはこの展示が終わったら壊してしまうのだから、何をやってもよいのだ。

私の予感どうり、最高におもしろい作品となった。
みんなも目を丸くして見ていく。

とその時、スーツ姿の何人かがドヤドヤト入ってきて作品を真剣に見ている。
その中の住宅展示場の社員らしき人が、この穴の中を指差し
その他大勢にこの建物の構造を熱心に説明しているのだ。
それが終わるとさっさと引き上げていった。
・・作品については一切触れることなしに
・・というかこれがよもや美術作品とは誰も思っていないようだった。


なるほど、アートなどというものよりよっぽど実用的である。

住宅メーカーの方々へ。
おたくの住宅展示場にこの作品を設置する気はないだろうか?

価格は交渉に応じるつもりである。