01

今までのエローズ‘一輪’から発展させて物語性のあるものを作ってみた。

時間の流れがテーマである。

詳細は次回に譲るがこの‘エローズ’の制作自体も異常に時間を必要とする。
作っていると人生が終わってしまうのではないかとの錯覚に陥るぐらいである。

作品は最期力尽き枯れていく様を表しているが、私の集中力は途切れることなく無事完成にこぎつけたのである。
いや~あぶない、あぶない。