01

去年から制作していた「ジャズ寄席」のシンボルオブジェである。
前々のブログから紹介していたが、
まずイラスト制作によりデザインを決め、縮小模型を制作し、
実施制作により本番が完成した。


予定よりもかなり大きくなり(全長5M超え)
一時は会場設置も無理なのではという危機に追い込まれたが。
掟破りの必殺技で何とか会場に押し込んだ。


大きくなってしまった原因もそうだが、
このサイズになると家で製作しているときに全体像が把握できない。
パーツで作って、現場で組み立ててみて
初めてこういう作品だったのかと理解することになる。


発注して作った脚も、家では何か変形した飛行船のようなカンジで
あまり好きではなかった。

しかし、こうしてみるとなかなか色っぽいではないか。
微妙な足首のラインなぞ今までの私の風船作品には無かったテイストである。


厳密に言わせてもらうと、もう少し太ももが細い方が私の好みではあるが・・・。
そこは風船のこと、はちきれんばかりの健康美ということで今日のところは良しとしておこう。