01

2002年3月
葉山芸術祭参加作品

 神奈川県葉山町の街中の数箇所に大きな迷路を設置するというプロジェクト。
それぞれの場所を設定しその場にあった迷路を造り、その迷路に地元の子供たちが迷い込んでいく様を作品化したものである。

まずそのひとつがこの『階段』。

写真だけ見るとよく人からは「これ合成?」とか聞かれるのだが、これはまさしく本物。階段の立ち上がり部分に一段一段チョークで描いているのだ。

要するに、この一点の視点でのみ、この図が浮き上がって見えるというわけだ。

正確な仕事をしているのにそれゆえあっさり画面上での作り物と思われてしまうとは残念である。技術が卓越しているというのも考え物だ。

一方、モデルの子たちはこの画では迷路に興じているように見えるのだが、実際彼女たちは自身の場から迷路を確認することは出来ないのである。

ちなみにこの娘さんたち、葉山に住んでいる友人の三姉妹である。
エロTの三姉妹と比べるとずいぶん幼い。しかし、この作品かなり前のものである。
ひょっとするとエロT三姉妹風にいいかんじ(?)になっているのかもしれない。

こちらも楽しみな三姉妹である。