06

『脱日本』『脱米国』に続く第三弾である。

10年以上前、『脱日本』を作った。
それが人気でよく売れ続けた。
ならばと思い、次はその5年後に『脱米国』を作った。
当然、日本の次に重要な国はアメリカだろうという読みだった。


そして、またその5年後の今夏『脱中国』を発表した。
しかしまさか10年前このシリーズをはじめたとき中国を作る事になるとは思わなかった。

当時中国なんて人口が多いだけ・・・と思っていた。

それが今はどうだろうか。
中国が急成長を成し遂げ、反対に日本は落ち込んで行き、
続くアメリカもなんだか微妙だし・・・・・。


あれっ ということは私が「脱・・」をつくるということは
その国の失速を予言しているということか・・。


ならば逆に『着日本』を制作すれば日本も立ち直っていくということか。

しかし、「着」っていうのはどうしても創作意欲がわかない。