22

尻ー、尻ーと言っているのでよっぽどの尻好きと思われているのかもしれない。
しかし、私はそれほどの尻好きというわけではない。
厳密に言えば“腰から尻に、尻から脚に”という曲線が好きなのである。

この尻ーズの中でもこの作品はそれを女実・・・ではなかった、
如実にあらわしているかと思う。


上半身はスパッと切り取っていて、上には興味がないのかと言われそうだが
そういうわけでもない。

しかしそれを語りだすと「尻ーズ」であることを忘れそうになるのでまたの機会に譲りたい。