37

これが「情熱Tシャツ」である。

こげ茶地に小さく‘情熱’と一面にめぐらしてある。
情熱という文言の割に地味な印象にしてあるのは、彼が地味な男であるためだ。

一点‘病欠’とあるのは彼との対話で発覚したのだが、
彼は学生時代をほとんど病欠で通したらしい。・・・でそれを明記しておいた。
 

廃墟潜入後、天候は悪化し空には不穏な黒い雲が漂い始める。
これからの彼の運命を暗示しているかのようだ。

一緒に入った可愛い娘はどこに行ったのだろうか?
こんなところで迷子になったら大変だ。