北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

アートギャラリー

左が収蔵庫にいるときの彼女。右が着衣後の彼女。ねっ 肌つやが別人でしょ!姿勢だって堂々としている。彫刻だってその気になればポーズを変えるんだね。「どう?見て!」っだって。川崎市市民ミュージアム アートギャラリー1・22013年4月6日~6月30日http://www.kawasak
『『川崎三姉妹 長女』裸体像Tシャツ計画』の画像

着衣完了!背後の桜が女性の凛々しさを引き立てている。制作過程がユーチューブにアップされている。ぜひ見ていただきたい。裸体像Tシャツ計画 川崎「友愛」 https://www.youtube.com/watch?v=ZXNbJzQyzqY
『『友愛』裸体像Tシャツ計画』の画像

静岡での「蜘蛛の糸」展も終了し帰宅途中に知り合いのギャラリーへ寄った。そこの庭にあった銅像である。オーナーから“ぜひTシャツを着せてほしい”と言われた。私としては裸体専門にやっているので基本的にこういう物件には着衣させないことにしている。しかし私にも人間
『『未来ちゃん』裸体像Tシャツ計画』の画像

ここで注目してほしいのはTシャツ美女の背景にある「エンゼル書店」なるもの。裸体像物件の現地調査をしていた時この本屋を発見した。明らかに普通の書店とはオーラが違った。ピンクや金銀のラメ装飾がキラキラ輝き、あやしい風が吹き荒れていた。店頭にはなんと昭和の劇画
『『春風の夢』裸体像Tシャツ計画』の画像

「蜘蛛の糸」展は静岡市清水のフェルケール博物館で開催されたのだがJR清水駅からこの博物館に行くまでの中央分離帯にはなんと裸体像が点在している。当然Tシャツを着せねばならぬ!ということでやってみた。『はればれと』という作品名どおり大きく伸びやかに両腕を上げ
『『はればれと』裸体像Tシャツ計画』の画像

企画展『蜘蛛の糸』が終了した。予告どうり最終日に清水彫刻通りの裸体像3体にTシャツ着衣を成功させた。博物館でのTシャツワークショップのはじまる前、朝早くから作業開始。3体連続で着衣させるのは初めてかもしれない。ほぼ順調に進んだがやはり極度の緊張の中3連続は
『『蜘蛛の糸』裸体像Tシャツ計画』の画像

キリンアワードでの裸体像を持参した作品を紹介したがもう一例ある。これは静岡「フェルケール博物館」・個展『蜘蛛の糸」での裸体像Tシャツ計画である。この会場にも裸体像は無く、どうしてもこの企画を展示したかった。前回と同じく美学生さんから借りた裸体像である。こ
『「裸体像Tシャツ計画」 フェルケール受付嬢A』の画像

ちょっとうれしいお知らせが入った。現在六甲で行われている「六甲ミーツアート」。私はそれに「六甲おろし器」を出品している。一般のお客さんによる人気投票で「六甲ミーツ大賞」が決定するのであるが、それの“準グランプリ”に選ばれたそうだ。http://www.rokkosan.com/a
『『六甲おろし器』』の画像

shibuya1000が終わった。まったくこのイベントはブログネタの宝庫であった。私の企画案はことごとく否定されるは、実行委員とはけんかをするは、重要な人が亡くなるは、などなど私の作品における世間的なインパクトと反比例して個人的にはかなり記憶に残るイベントになった。
『『スイミングプール』』の画像

またまたご無沙汰してしまった。前回 紹介した「ハルネ 小田原」を作っていた。結構苦労したがなんとか完成した。これがその画像である。まだオープン前の状態で撮った写真なのであたりは静かである。どうだろう、根に見えるであろうか?根が水を吸い込むように見えるであ
『『ハルネ 小田原』』の画像

↑このページのトップヘ