北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

ブログ

最後の物件である。わっ!男。地球持って「友愛」、しかも裸・・。常人の理解を超えていてステキ。これですべて5物件が出そろった。キャラの濃い面々である。「あいちヒトリエンナーレ」。おもしろいことになりそうである。みなさま、乞うご期待!
『「あいちヒトリエンナーレ」 その6』の画像

今度は成人女性である。ほっと一息。着せやすいかな・・と思いきや。後ろ側に廻した腕の位置が高く、Tシャツを裁断する必要がありそうだ。結構難しそうだ。腕の見せ所、着せ甲斐があるというところか。というかその前に随分掃除し甲斐のある銅像だなあ。その6へhttp://www.k
『「あいちヒトリエンナーレ」その5』の画像

困った!!この物件は私が一番手を出したくないものである。単体物件であれば素通りするのであるが、今回のようにシリーズ的に行うものの場合これを無視することは出来ない。わ~子供だ~。お分かりかと思うが、着せ甲斐が、無い!唯一の年長者でさえこんな感じ。鳩がリアル
『「あいちヒトリエンナーレ」 その4』の画像

お次はこれ。すごいシルエットである。テレビ塔お披露目の時にポーズしてからそのままここだけ時が止まってしまったのであろうか。調べてみると1954年竣工とあるからかれこれ65年間、ご苦労様である。ではまず右の方に近づいて見事な体躯である。しかし長年の重労働の
『「あいちヒトリエンナーレ」 その3』の画像

何といってもここの象徴はこれ!タイトルは「希望の泉」とある。というからにはやはり像の下部から水が吹き上げたりするのだろう。朝なので止まっているが・・。しかも背後には名古屋の名所を代表するテレビ塔がそびえている。いやはや絶景である。もう少し近距離から見てみ
『「あいちヒトリエンナーレ」 その2』の画像

何年か前「横浜 ひとりトリエンナーレ」という計画を実施した。これは横浜トリエンナーレ期間中、横浜に設置されている裸体像・・たしか3体だったか・・にTシャツを着衣させるというプロジェクトであった。今度はこれの愛知版を計画している。ちょっとタイトルを変えて「あ
『「あいちヒトリエンナーレ」 その1』の画像

昨年、夏の避暑地に向かう途中で見つけた物件である。厳密に言うと山梨県韮崎市。こういった出会いが最高である。タイトルは・・・「黎明」・・・センスも最高である。牛山一作さんナイス!ということで今年は準備万端で夏休み前の最後のお仕事に臨んだ。ジャ~ン!ジャスト
『「裸体像Tシャツ計画 ~黎明~」』の画像

とりあえず試作品が完成した。空気椅子の中に男を入れただけではあるのだがずいぶん苦労した。何度もビニル椅子を作り替えた。ビニル物は大抵そうなのであるが少しずつ形を調整していくということは難しい。角度を変えたり仕様を変更したりする場合は丸ごと作り替える必要が
『「人間椅子 ~air~」 その4』の画像

男の頭と胴体と脚の骨格を作る。着席可能な椅子にするためしっかりと組み立てる。腕と手も出来た。椅子というか人間というか・・・。ところで座面は必要か?木材部分を黒く塗って黒いゴム帯を巻き付けてみる。体の曲線と肉感触を表現。だんだん不気味さを増してきた。男はほ
『「人間椅子」 その3』の画像

「私の好きな作家シリーズ」と題して数年前にローズソファを制作した。これは倉俣史郎というデザイナーの作品からイメージしたものだった。このシリーズの第二弾を制作しようと思う。江戸川乱歩の小説『人間椅子』をご存知であろうか?彼の代表作の一つであり、筋書きは少々
『人間椅子 ~air~ その1』の画像

↑このページのトップヘ