北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

ブログ

小田原お堀端商店街毎年末の恒例イベントバルーンアートが今年も始まった。私的にはマンネリ仕事となっているので近年はアップしてこなかったが、今年はドローン撮影をしてもらえる事となったのでそれを紹介したい。待てよ、この作品を動画で撮影したことさえなかった。10年
『バルーンアート小田原お堀端商店街2022』の画像

小田原市観光交流センター1周年記念企画として制作した。小田原城のお掘りに展示ができるということで水鳥を水面に浮かべ ることにした。テーマとしては橋に立って右に「醜いアヒルの子」 左に「可愛い白鳥のの子」として対峙させ分断差別を表現する。一方道を挟んだ反対側に
『醜いアヒルのの子と可愛い白鳥の子』の画像

「偏な肌香」展 HEN NA HADAKA JunK drawing 2022年3月25日(金)〜4月25日(月) 絵画、アニメ、オブジェなどJunK drawingによる初の個展 会場 壺中天の本と珈琲https://www.facebook.com/profile.php?id=100057955705009静岡県伊東市八幡野1033-70557-53-8406開店 金.土
『『偏な肌香』展 HEN NA HADAKA』の画像

北川純(きたがわじゅんー美術家)さんが1月3日10時頃作品制作中の事故のため死亡した。享年57歳。1965年6月30日愛知県名古屋市生まれ。多摩美術大学を卒業後、デザイン会社勤務を経て美術家に転向。代表作に「裸体像Tシャツ計画」「ジッパーシリーズ」「巨大バルーンシリーズ」

裸体像Tシャツ計画を始めて20数年、初めて失敗した。というか後から自分的に「しまった!」と後悔した銅像である。そもそも着衣前から「これは着せるべきか?やめるべきか?」を悩んだ物件ではある。というのはコレ!これも掛川駅前、といっても前出の反対側である北口に設置
『茶エン裸体像Tシャツ計画「脱皮」』の画像

2021年11月静岡県掛川市で開催されている「かけがわ茶エンナーレ2020+1」に参加したついで企画として裸体像にTシャツを着せることにした。コロナで長らく休止していたのだが(当時銅像にマスクをつける人が頻発して、それと一緒にされるのがイヤで・・)この機会もあり再開
『茶エン裸体像Tシャツ計画「仰」』の画像

近所の小学生が登下校で見つけた異空間。 子供だけで無く、理科の先生も「今、授業で地層の勉強してるんで参考にさせて下さい」って写真撮りまくり。作品じゃ無く、地層の。最後に校長先生まで見に来た。
『ジッパー5  その3』の画像

ジッパー出現! イメージ通り。イヤ、それ以上インパクトのある作品になった。コロナも収束に向かいつつある今、是非あなたの目で見て欲しい。「ジッパー5」かけがわ茶エンナーレ2020+1 (静岡県掛川市)2021年10月16 日(土)〜11月14日(日)広大な原っぱの真ん中に出現!パッ
『ジッパー5 その2』の画像

静岡県掛川市のアートイベント「かけがわ茶エンナーレ2020+1」に出品することになった。作品内容は色々紆余曲折したのだがけっちょくジッパーで行くことになった。一度は封印したシリーズだが10年以上ぶりなのでたまにはいいかなと思った。主催者側との打ち合わせの中でびっ
『ジッパー5 その1』の画像

↑このページのトップヘ