北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

ブログ

何といってもここの象徴はこれ!タイトルは「希望の泉」とある。というからにはやはり像の下部から水が吹き上げたりするのだろう。朝なので止まっているが・・。しかも背後には名古屋の名所を代表するテレビ塔がそびえている。いやはや絶景である。もう少し近距離から見てみ
『「あいちヒトリエンナーレ」 その2』の画像

何年か前「横浜 ひとりトリエンナーレ」という計画を実施した。これは横浜トリエンナーレ期間中、横浜に設置されている裸体像・・たしか3体だったか・・にTシャツを着衣させるというプロジェクトであった。今度はこれの愛知版を計画している。ちょっとタイトルを変えて「あ
『「あいちヒトリエンナーレ」 その1』の画像

昨年、夏の避暑地に向かう途中で見つけた物件である。厳密に言うと山梨県韮崎市。こういった出会いが最高である。タイトルは・・・「黎明」・・・センスも最高である。牛山一作さんナイス!ということで今年は準備万端で夏休み前の最後のお仕事に臨んだ。ジャ~ン!ジャスト
『「裸体像Tシャツ計画 ~黎明~」』の画像

とりあえず試作品が完成した。空気椅子の中に男を入れただけではあるのだがずいぶん苦労した。何度もビニル椅子を作り替えた。ビニル物は大抵そうなのであるが少しずつ形を調整していくということは難しい。角度を変えたり仕様を変更したりする場合は丸ごと作り替える必要が
『「人間椅子 ~air~」 その4』の画像

男の頭と胴体と脚の骨格を作る。着席可能な椅子にするためしっかりと組み立てる。腕と手も出来た。椅子というか人間というか・・・。ところで座面は必要か?木材部分を黒く塗って黒いゴム帯を巻き付けてみる。体の曲線と肉感触を表現。だんだん不気味さを増してきた。男はほ
『「人間椅子」 その3』の画像

「私の好きな作家シリーズ」と題して数年前にローズソファを制作した。これは倉俣史郎というデザイナーの作品からイメージしたものだった。このシリーズの第二弾を制作しようと思う。江戸川乱歩の小説『人間椅子』をご存知であろうか?彼の代表作の一つであり、筋書きは少々
『人間椅子 ~air~ その1』の画像

思い出してほしい。「質量保存の法則」という言葉を。これは化学反応の前と後では物質の総質量は変化しないという科学の法則である。 転じて、この巨大ビーカーの中で繰り広げられる反応の中に身を置いてほしい。 ある時は林立する雑木林の中、またある時は高層ビル街の隅
『質量保存の法則 1/2模型』の画像

「はやまの湯」のトークイベントが開催された。その時の参加者の皆さんと森戸海岸に出かけ「はやまの湯」撮影会を行った。曇りだったのがこのあたりから晴れ始めた。しかし風が強くなり煙突を建てることが困難になり私が持つ羽目に・。ということで私は腕のみで参加。最後の
『「はやまの湯」 妄想計画七変化 その8番外編』の画像

花畑の湯に身をまかせてみれば、この世からあの世へとのぼせ上がると人は言う。 そう ここは三途の湯、はやまの湯。 もう戻ることはありません。
『「はやまの湯」妄想計画七変化 その7』の画像

: 開店早々ヒマだ~。 : 少子化だから子宝の湯ってのがいいと思ったんだが・・。 煙突なんかピッタリだろ? : 気味悪いってもっぱらの噂でっせ。 : 残念、外してこい。その7へhttp://www.kitagawajun.com/archives/31880388.html
『「はやまの湯」妄想計画七変化 その6』の画像

↑このページのトップヘ