北川純《冗談アート》ホームページ

北川純《冗談アート》ホームページ イメージ画像

ブログ-エアーアート

この作品をいま流行りのドローンで撮影してもらった。地面に付着している作品であるがゆえに立って見ていてもなかなか分かりづらい。この作品に適した撮影方法である。後半ちょろちょろ出てくるのは私である。では動画で楽しんでいただきたい。https://youtu.be/tYgnbuKukLg

早朝から現場に入る。破損部分はすべて廃棄し作り直し。しかし元通りにしたところでまた台風はやってきそうだし、もう絶対壊れないものにしなくては。ということで不本意ではあるがこうなった。ありゃ?なんかずいぶん簡略化されてね!という感じではあるがこればっかはしょ
『「六甲名物芝漬」 その5』の画像

展示期間中大きな台風が3度訪れた。作品はそのたびごとに変化していった。一度目の台風襲来。何故かビニールがさく裂している。タイトル文字も相当やられている。次週は今季最大のハリケーンが訪れた。二度目の台風襲来の惨状。もはや原型をとどめず。現場から修復依頼が来
『「六甲名物芝漬」 その4』の画像

「六甲山名物芝漬」が完成した。間近で見るとこんな感じ。タイトルはこんな風に付く。賞味期限は開催終了日まで。真空装置も稼働してぴったりと密着している。遠目から見てみる。カップルが楽しそうである。めでたしめでたし。作品を自己解説してみる。まずまずイメージ通り
『「六甲名物芝漬」 その3』の画像

アトリエでタイトルを制作中。これがどうなるのか?反対側からもう一枚パシャ!真空パック食品の上に来るところ。幅7メートル強、縦1.8m。・・・デカい!イメージしてもらえるだろうか?
『「六甲名物芝漬」 その2』の画像

前述 紹介したメイン作品を“昼のいちょう”と題して、その対になる作品を小部屋に作った。題して“夜の蝶”。小規模のいちょうドームを作る。その中に蛍光塗料で染めたいちょうの葉を放ち、ブラックライトで照らす。輝きながら舞う葉はあたかも夜に光る蝶のように見えるの
『ブログ  いちょうドーム  その7』の画像

いちょうの葉が舞い散る様子である。桜同様、木の葉が散る様子というのはなぜか哀愁そそるものである。私自身、風船膨らましてハッピー!!葉っぱ飛ばしてラッキー!!という作品にしたつもりであったがこんなおまけが ついてきた。この後、落ちてきた葉を人の手によって循環
『ブログ  いちょうドーム  その6』の画像

これはいちょうドーム内部である。落ち葉となったいちょうの葉を拾い集め 画像でいうところ中央右のビニール柱にそれを入れるとたちまち上に吹き上げられ上空に舞った落ち葉はひらひらと舞い散る仕掛けになっている。子供たちは狂ったように入れることを競い合うため何度か壊
『ブログ  いちょうドーム  その5』の画像

いちょうドームが完成した。いやはやなんとも苦労した。そのかいあって子供たちが楽しそうにいちょう落ち葉を拾い、幹に入れ、舞い上がり舞い落ちる様を楽しんでいる。制作途中、こりゃあんまりおもしろいものが出来そうにないかも・・・と弱気になったこともあった。「作り
『ブログ  いちょうドーム その4』の画像

現在、いちょうドームの試作中である。高さ、七メートル、底面直径5メートル強。この中でイチョウの葉を舞い上がらせ循環させるのは至難の業である。ちなみに葉の素材は不織布である。ほとんど初めで使う素材であるがこれはいい。 まず安い、それに軽くて丈夫!その上加工
『ブログ  いちょうドーム  その3』の画像

↑このページのトップヘ