北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

現代アート

小田原市観光交流センター1周年記念企画として制作した。小田原城のお掘りに展示ができるということで水鳥を水面に浮かべ ることにした。テーマとしては橋に立って右に「醜いアヒルの子」 左に「可愛い白鳥のの子」として対峙させ分断差別を表現する。一方道を挟んだ反対側に
『醜いアヒルのの子と可愛い白鳥の子』の画像

今回は「水中クローバー ワークショップ」に興味を持っていただきありがとうございました。この募集内容を簡単に説明します。◯透明クローバーのプレート表面に、皆さんの好きな絵を描いてもらいます。◯多数集まったら、葉山町町役場前の水池(明鏡止水)にイメージ図のよ
『「水中クローバー」第29回葉山芸術祭(2021年)参加企画 募集中!!』の画像

この物件は岐阜作家との宴会場に向かう際に発見した。良い肢体であるのだが残念なことがある。これである。見えるだろうか。大事なところに白スプレーが吹き付けられている。残念である。こんな状態は初めてである。気持ち的には水洗いの際に、専用の溶剤で塗料を除去したい
『裸体像Tシャツ計画「岐阜望み」 岐阜市』の画像

岐阜作家たちとの宴会帰りに偶然見つけた物件である。また不思議なところに立っているものである。これじゃちょっとわからないか。じゃ着衣!こちらも濡れ姿がナイス!後ろ姿でこの細長公園を見守ってます。
『裸体像Tシャツ計画「岐阜遥か」 岐阜市』の画像

2019年夏、翌年岐阜で行われる公募展の打ち合わせのためにそこを訪れた際、彼女らに出会った。手前が長女、後ろが次女とする。私お得意の出張ものである。出張の時は、この企画がメインではないため時期と時間が制約される。しかしこれが良い。今しかないのだ。躊躇している
『裸体像Tシャツ計画「岐阜姉妹」 岐阜市』の画像

「質量保存の法則」の動画が出来たのでアップする。 動く作品なので動画で記録する方が適正なのであろう。 しかも今回は一般のお客さんは中に入ることが出来ない作品になっている。そう意味では動画ならではアプローチをしたものになった。(人が入れないのでギャグを入れ
『質量保存の法則 動画』の画像

4月開催予定であった岐阜県美術館での展覧会が本日オープンした。コロナ真っ盛り時期に岐阜に滞在して一人で黙々と作っていた。それが何とか日の目を浴びることとなった。しかし、まだコロナの影響を引きずっているようで大した人出も見込めないようだ。私的には渾身の作であ
『質量保存の法則』の画像

曲者物件である。半分服を着ている。こういう状態は初めてである。私としては、全裸にTシャツを着せることによって、上は着てるけどなぜかノーパンという状態を演出したいのであるが、ここでは無理である。彼女単体で起立していたのであれば私はこの案件はパスしたかもしれな
『裸体像Tシャツ計画 「纏う女」 川口西公園』の画像

2人目はこの娘。いやはや見事なプロポーションである。腕がなるなあ~。ムムム・・悪くは無いのだが今にして思えばウエストのだぶつきが気になる。もう少し絞ればよかったか。それと着せてから発覚したことだが、この娘は乳首が不明瞭である。着衣前はちゃんとあると思ったん
『裸体像Tシャツ計画 「風の交差点」 川口西公園』の画像

夜明け前に到着。なぜそんな早いかって?なぜなら、10時から川口市民ギャラリーでワークショップの仕事が入っている。その前に4体を着衣させなければならない。ハードな一日になりそうである。まずは一人目。いやはや何とも・・佐藤大先生作にしては肉感的である。じっくり
『裸体像Tシャツ計画 「裸のリン」川口西公園』の画像

↑このページのトップヘ