北川純ホームページ

北川純ホームページ イメージ画像

現代美術

東京都立川市駅前伊勢丹の裏にある裸体像である。以前から気になっていたのではあるがなかなか着衣させるきっかけがなかった。今回、岐阜美術館の仕事でプロモーションビデオを撮影することとなり、立川で行われるということで直接岐阜の仕事とは関係ないのだがこのパフォー
『裸体像Tシャツ計画 「足を組む女」 東京都立川』の画像

川口市民ギャラリーという施設からクリスマスドームを作ってほしいという依頼があった。こんなわけで川口市には何回か通うことになる。私がイメージしたものはこれ。大きな楕円状のビニール風船の中に、クリスマスツリーが直立し、その中に子供が入ってオーナメントを創作す
『クリスマスドーム 川口市民ギャラリー』の画像

最後はこれ!後ろが変だよ・・・って突っ込んでるヒマは無い。いいチンチンである。子供のはしっかりしているのになぜか背後の父親のブツは曖昧もっこり型である。その両親から見ると我が子はこんな風に見える。お尻もキュートである。親を見習わず、普通に成長してほしいも
『裸体像Tシャツ計画 「家族」 川口西公園』の画像

最後の物件である。わっ!男。地球持って「友愛」、しかも裸・・。常人の理解を超えていてステキ。これですべて5物件が出そろった。キャラの濃い面々である。「あいちヒトリエンナーレ」。おもしろいことになりそうである。みなさま、乞うご期待!
『「あいちヒトリエンナーレ」 その6』の画像

今度は成人女性である。ほっと一息。着せやすいかな・・と思いきや。後ろ側に廻した腕の位置が高く、Tシャツを裁断する必要がありそうだ。結構難しそうだ。腕の見せ所、着せ甲斐があるというところか。というかその前に随分掃除し甲斐のある銅像だなあ。その6へhttp://www.k
『「あいちヒトリエンナーレ」その5』の画像

困った!!この物件は私が一番手を出したくないものである。単体物件であれば素通りするのであるが、今回のようにシリーズ的に行うものの場合これを無視することは出来ない。わ~子供だ~。お分かりかと思うが、着せ甲斐が、無い!唯一の年長者でさえこんな感じ。鳩がリアル
『「あいちヒトリエンナーレ」 その4』の画像

お次はこれ。すごいシルエットである。テレビ塔お披露目の時にポーズしてからそのままここだけ時が止まってしまったのであろうか。調べてみると1954年竣工とあるからかれこれ65年間、ご苦労様である。ではまず右の方に近づいて見事な体躯である。しかし長年の重労働の
『「あいちヒトリエンナーレ」 その3』の画像

何といってもここの象徴はこれ!タイトルは「希望の泉」とある。というからにはやはり像の下部から水が吹き上げたりするのだろう。朝なので止まっているが・・。しかも背後には名古屋の名所を代表するテレビ塔がそびえている。いやはや絶景である。もう少し近距離から見てみ
『「あいちヒトリエンナーレ」 その2』の画像

何年か前「横浜 ひとりトリエンナーレ」という計画を実施した。これは横浜トリエンナーレ期間中、横浜に設置されている裸体像・・たしか3体だったか・・にTシャツを着衣させるというプロジェクトであった。今度はこれの愛知版を計画している。ちょっとタイトルを変えて「あ
『「あいちヒトリエンナーレ」 その1』の画像

↑このページのトップヘ